ヴィンヤサフローとは?(日本語編)

bodhi yoga tokyo studio class

ヴィンヤサフローとは? (日本語編) Written by @joeytokyo ヴィンヤサフローのヨガクラスは日本ではなかなか少ないですが、最近少しずつ増えている気がします。アメリカやオーストラリアなど、海外のヨガスタジオに行くと、とにかくヴィンヤサフローのクラスが多く、英語の有名なオンラインスタジオでもVinyasa Vinyasaって、たくさん出てきます。   ヴィンヤサフローって実際何のスタイルのヨガなのか、よく聞かれるのでここで簡単にご紹介します。   ヴィンヤサフローとは、呼吸とともにダイナミックに動くヨガです。息を吸いながら一つの動き、吐きながら次の動き、というように呼吸にあわせて全身を動いていきます。   「現代のヨガ」という印象が強いですが、実は大昔インドから始まって、アシュタンガヨガもその一つです。Vinyasaはもともとサンスクリット語(ヨガが生まれたところのインドの言語)で、「Vi(ヴィ)」は「in a special way(特別な方法・順番で)、「Nyasa(ンヤサ)」は「to place(置く)」という意味で、B.K. S Iyengaや K. Patthabi Joisの先生であるKrishnamacharyaが作ったものです。彼が教えたのが、ヴィンヤサを練習することで意識や規律を磨き、自分自身の人生もそのように意識してケアをしていくことです。   ダイナミックに動くことで、運動量が高くカーディオや体幹の強化にもなるし、呼吸やポーズに意識して集中することで「動く瞑想」にもなります。血流や呼吸の循環がよくなり、クラスが終わると、「気持ちよかった」と、生徒さんがいつも言ってくれます。   ヴィンヤサフローはアシュタンガと違って先生独自のシークエンスでクラスが進みます。私はアクティブでチャレンジングのヨガが好きで、東京ではそのようなクラスがなかなかなかったので、2012年からアシュタンガを練習しはじめました。なんと、海外に行くたんびに、中・上級のポーズをみて「あれ、10年以上ヨガをやってそれは誰も教えてくれなかった」と。そのモティベーションの元に海外のワークショップやイベントをよく通うようになり、上級なポーズを経験させてくれる海外のヴィンヤサフローにはまりました。そのきっかけで、世界で有名なヴィンヤサ先生のジェイソン・クランデル(Jason Crandell)の下、アドバンスティーチャートレーニングを受けることになりました。   海外流のヴィンヤサフローをなかなか体験できない東京で、ジェイソンのスタイルを経験できるクラスを届けています。ご興味がある方、日曜日13:30〜IYC表参道、月曜日18:45〜IYC神保町+ZOOMにぜひ遊びにきてください。クラスはバイリンガルで行います。英語の勉強にもなります(笑)!   ちなみに、海外のヴィンヤサフロークラスでは「take your vinyasa」というのがよく言われます。それはヴィンヤサクラスとはまた違ってchaturanga, upward facing dog, downward facing dogのセットを意味します。まさに現代のヨギー達が作ったものです。そのような海外ヨガについての雑談も、クラスでしたりします(笑)。